会社関係や同僚、友人、隣近所など、贈り先でのお中元の相場は?

お世話になった方への御礼として贈るお中元ですが、どうしても悩んでしまうのが、いくらぐらいのものを贈ればいいかということでしょう。確かに、お中元の贈り物を選ぶ基本は、相手が好きなものですが、好きだからと言って価格にいとめをつけないと言うことは出来ません。

これは、自分の予算のこともありますが、いくら自分で「高いものでもいいから好きなものを」と思っても、マナー違反になってしまいます。というのも、お中元は高ければよいというものではないからです。何か特別なお祝いごとならともかく、季節のご挨拶の意味もあるお中元で、高価なものを贈ってしまったら、贈られた方は気にしてしまうでしょう。

特に、会社関係や同僚、友人、隣近所など、普通にお付き合いをしているような方には、高すぎるものを贈ると逆に迷惑です。ですから、親しい人ほど、お中元は相場の価格を調べてそれに準じて贈るのが一番です。

まず、会社関係や同僚の場合、個人的にお付き合いのある取引先や上司なら5000円ぐらい、同僚なら2000円から3000円ぐらいが相場です。友人や隣近所となると、少し相場にばらつきがあるようですが、1500円から3000円ぐらいが妥当でしょう。

1500円ぐらいだと、お中元というほど大げさなものではないような感じがしますが、あくまでも「お世話になってます」というご挨拶なので問題ありません。いずれの場合でも、毎年、同等の金額のお中元を贈らなければいけないものなので、負担にならないように相場を目安にすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ