「内のし」、「外のし」って何ですか?

いまや、贈り物に「内のし」「外のし」が付いているのは当たり前になりました。「のし」というのは、もともと酒の肴として献上した「あわび」のことです。あわびを熨したものを乾燥させて、紅白の水引に結んで、贈り物のそえていたものが姿を変えたのが現在の「のし」です。

「内のし」「外のし」というのは、簡単に言ってしまうと、包装紙の内側にあるのが「内のし」、包装紙の外側にあるのが「外のし」です。この2つは、贈った品物の名目を書くと言うことには変わりありません。ですが、「内のし」「外のし」と2種類あると、どちらののしで贈ることが正しのか気になってしまうでしょう。

基本的に、「内のし」で贈る場合は、その贈り物を控えめに見せたいときです。贈りものに控えめもなにもないのですが、内のしにすると、「さあ贈り物です」というような強調した感じはなくなります。つまり、お中元やお歳暮、お祝いごとのように、内々で楽しんでもらう贈り物は「内のし」にするのが常識です。

逆に、「外のし」の場合は、その贈り物を強調したい時に利用します。受け取った贈り物が、他の人にも分かるような品物の場合は「外のし」がつけられています。例えば、大会の景品や、何らかの賞の記念品などには、「外のし」をつけるのが一般的です。

たまに、関東は内のし、関西は外のし、ということが言われますが、これはまったく根拠のないことです。確かに、のしのデザインや様式が関東と関西では違うのですが、その意味に関しては全国共通です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ