お中元をいただいたときの御礼状の書き方ってありますか?

お中元をいただいたとしても、お返しは必要ありませんが、御礼状は必ず送るのがマナーです。どんな時でも、贈り物をもらえば「ありがとう」というのが人間としての礼儀ですので、どんな相手であっても御礼状を省略してはいけません。まず、御礼状出す時の基本ですが、お中元をいただいたら、すぐに出すようにしてください。

原則としては、品物が届いてから3日以内に出すことが最低限のマナーなので、後回しにしないようにしましょう。これが遅くなってしまうと、とても失礼になりますし、御礼の気持ちが伝わりません。もし、留守などにしていて、御礼状を出すのが遅くなってしまった場合には、すぐに電話で御礼と遅くなった理由を伝えておきましょう。

そのうえで、改めて御礼状を書くといいですね。
御礼状の書き方というのは、目上の方、上司や仕事関係の方などに対しては形式通りの御礼状を書いて大丈夫です。時候の挨拶、お歳暮をもらったことへのお礼とその品物に対する感想、そして結びの言葉と結語が形式となっています。

御礼の文章を書く時には、贈り手の家族や、仕事の関係者へのお礼の言葉も欠かさないようにしましょう。
知人、友人などフランクな関係の場合には、時候の挨拶のあとに、自分の近況などを入れてもかまいません。

どちらの御礼状にも共通しているのが、結びの言葉に相手の体調を気遣う文面を入れることです。また、贈ってもらった品物に対する感想は、出来るだけ具体的に細かく書くと、御礼の気持ちもより伝わります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ