お中元のお返しもないので、やめようと思っていますが、どういうタイミングでやめればいいでしょうか

本来、お中元は自分がお世話になっているからこそ、お礼の意味で贈るものなので、お返しがあるかないかというのは考えることではないでしょう。しかし、もう疎遠になってきている方で、ほとんど儀礼的に贈っているようであれば、やはりお返しがないというのは気になってしまうと思います。

お中元は、一度贈ったらずっと贈るというのが一般常識ですが、それでも例外はあります。ただし、少なくても3年間は贈り続けるのがマナーなので、いくらお返しがなくても2年目に止めてしまうということは避けましょう。

いくら疎遠で、まったくお付き合いがなかったとしても、もしかしたら何かのきっかけで会うことが無いとも限りません。その場合、顔を合わせた時に気まづいのは、やはりお中元を突然止めてしまった方になります。ですから、まずはお中元の価格を下げていくことから始めてください。

これは、お中元をやり取りする中のマナーでもあるので、価格を下げたとしても贈っていることにはなるため失礼には当たりません。
例えば、今まで5000円のお中元を贈っていたなら、次は3000円、次は1500円というように下げていきましょう。

お返しをしないということも、ある意味ではとても失礼なことになります。その失礼なことをしているのですから、価格を下げることによって、こちら側の気持ちもなんとなく伝わります。いずれにしても、お返しをしないということ自体が、相手の自分に対する付き合い方のスタンスとも言えるので、ある程度金額を落としたら止めてしまって大丈夫です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ