お中元はいつまでに済ませるのがいいでしょうか?

お中元というのは、もともとは8月から9月にかけて行われる中国の三元のお祭りと、日本で8月に行われる盂蘭盆会の行事が結合した習慣です。ご先祖様の霊魂がお盆に帰ってくるので、お供え物でお迎えするというのが、江戸時代ごろからお世話になった人への贈り物をするというようになりました。

ですから、お中元を贈るというのは、8月ぐらいまでに済ませることが一般的です。しかし、基本的には旧暦の7月15日が盆となるので、7月の初旬から7月の20日までに済ませるのが理想です。

「必ず20日までに贈らなければいけない」という決まりはないのですが、現在では定着しているお中元の期限になっています。
ただし、地域によってお盆の時期が違うことから、お中元を済ませる時期は若干の差があるようです。

例えば、関西地方ですと、7月15日から8月15日までがお中元の時期となっています。関東では8月を過ぎてお中元を贈る場合には、「暑中見舞い」という形で送ります。でも、関西地方に贈るのであれば、8月15日までは「お中元」という形で大丈夫なのです。ちなみに、九州、四国地方や沖縄などでも、8月15日まではお中元で大丈夫のようです。

しかし、最近では日本全国、どんな地域でも7月中に贈るのが一般的な常識となってきています。もしも時期が7月下旬から8月にずれこんでしまうようなら、お中元ではなく「暑中見舞い」という表書きにしてしまえば失礼はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ