お中元に贈答品としてもよく見られる缶詰を贈るなら清涼感のあるフルーツがお勧めです

日本には様々な年中行事がありますが、一年のほぼ真ん中の時期に、日頃お世話になっている方々へ感謝や健康を願う気持ちを伝えるお中元もその一つです。

中元という言葉は本来は旧暦の7月15日のことで道教の思想から来るものですが、現在の日本では新暦の7月初めから15日までに贈り物をするのが一般的なマナーになっています。その相場は3,000円から5,000円程度が多く、品選びをする際は贈る相手の家族構成を考えたものや特産品、夏の季節にマッチしているものなどを選ぶのがポイントになります。

そういった中でもやはり食料品は根強い人気で、多くの人が好む傾向にあるものを選べば、贈られた側もそうそう無駄にすることも少ないので無難と言えます。
例えば贈答品でよく見られるものに缶詰類がありますが、夏なので清涼感のあるフルーツ缶詰はいかがでしょうか。

フルーツならどのような年代の方でも好んで食べてもらえますので、子供からお年寄りまで、贈り先の家族全員が楽しめます。
お中元用の缶詰は、季節が来るとギフトショップやスーパー、百貨店など実店舗でも多数取り扱いがありますが、通販サイトでもたくさん売られています。

予算を元にフルーツの内容を吟味して商品が選べますので選択肢に幅があり、候補の品を見つけやすいでしょう。フルーツセットはもちろん、マスカットやラフランスといった厳選品などを購入できるサイトもあり、中にはオリジナルの組み合わせでの箱詰めに対応してくれるところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ