お中元には季節感ある食品が喜ばれ、さくらんぼは手間なく食べられ、旬が短く期間限定の味わいのためとても人気です

お中元には冷たい食べ物など季節感ある食品、夏を快適に過ごすための雑貨が喜ばれます。ではどんな物をいつ贈ればいいのでしょうか。お中元は、贈る時期が関東は7月初旬から7月15日ぐらいが最適とされており、関西では7月下旬から8月15日までに贈るとされ、日本でも若干地域によって差があります。

贈る地域の事を考えて、その地域のルールを意識してみましょう。
そして他の贈り物をする時も当てはまりますが、相手の好き嫌いを把握することも重要です。食べ物の好き嫌いや、アレルギーなどを事前に把握しておけば、相手に失礼になりません。

こういった最低限のルールを学んだら、次は相手に最適な商品を選びましょう。
どれにしようか迷ってしまったら、人気商品ランキングが参考になります。
例えば、飲食のジャンルの場合は、総合・ビール・ジュース・コーヒー・スイーツ・アイス・そうめん・フルーツ・ハム・海産物・うなぎなどに分かれています。

中でも幅広い世代に愛され旬が味わえるフルーツは、少し高級感ある贈り物として喜ばれ、フルーツのランキングは1位がメロン、2位が桃、3位がさくらんぼとなっています。メロンと桃は食べ頃まで待ったり、切ったり皮をむいたりと手間がかかりますが、さくらんぼはさっと洗うだけですぐ食べられます。

また旬が短く期間限定の味わいのため、人気も高いです。
さくらんぼの中で最も有名な品種・佐藤錦は、贈答品に重宝されている高級品としても知られており、そんな佐藤錦を贈るなら、旬が来る前に早めに注文しておくことをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ