北海道は海の幸・山の幸が豊富で美味しいものがたくさんありますので、産地直送のギフトをお中元で贈ってみてはいかがですか

お中元は道教に由来する年中行事の一つで、お世話になった方への感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣のことです。
7月15日から8月15日の間に贈る風習ですが、最近は7月の中旬ごろまでに贈るのが一般的になっています。

この時期になると、百貨店やスーパーなどでは特設コーナーが設けられ、ギフト商品を販売しています。

贈る相手は難しく考える必要はなく、離れて暮らしている両親や親戚、上司や恩師などに贈るケースが多く、定番商品としては、暑い時期なので飲料系、フルーツジュースやビールなどがよく選ばれていますが、最近のギフト商品には、産地にこだわった商品や百貨店のバイヤーが見つけてきたオリジナル商品が人気です。

特に北海道は美味しいものがたくさんあることで有名ですが、この産地直送のギフトは特に注目されています。

海の幸と山の幸が豊富なこの土地で収穫された野菜の直送、特にトウモロコシやジャガイモは人気があり、中には旬の野菜の詰め合わせギフトなどもあります。
季節的に富良野のメロンも販売されているので、お中元の商品として人気です。

海の幸では、いくらやすじこ、たらこなど、酒の肴にもご飯のお供にもピッタリな生珍味のセットや紅鮭の漬けセット、レンジでチンするだけの便利な焼き魚のセット、海産品を食べやすいお茶漬けにしたセットもあれば、干物の詰め合わせ、惣菜缶詰のギフトなど、手軽に食べられる美味しい北海道の味を販売しています。
是非、お中元には北海道ギフトを贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ