松屋のお中元はインターネットでも購入できます

中元は道教に由来する年中行事の三元の一つで、本来は旧暦の7月15日のことを言います。日本では、新暦7月15日または8月15日としていて、この時期にお世話になった人へ贈り物をする習慣をお中元と呼んでいます。

この時期になると、毎年百貨店やスーパーなどでは、お中元用のギフト商品が並ぶ特設コーナーを設けるところがよく見られます。

東日本では7月15日、西日本では8月15日とされていますが、馴染みがある全国的な習慣として7月15日と定められているケースが多く、贈る場合は多少の遅れは特に問題視されることはなく、月初めから15日頃まで贈ればよいとされています。

人気の百貨店松屋でもお中元用のギフトコーナーを設けていますが、東京にしか店舗がないのでなかなか足を運ぶことが難しい人は多くいるでしょう。
そこでおすすめしたいのがインターネットショッピングです。

松屋にはインターネットショッピングのホームページがあり、この時期になるとホームページ上でもギフト商品を販売します。2013年は、インターネットの受付は5月下旬から7月29日まで行なっていました。毎年、各地の名産品や定番ギフト商品、老舗の銘菓などを数多く取り揃えていて人気があります。

ホームページに特設のお中元のコーナーができたら一度見てみるとよいでしょう。
インターネットで手軽に注文ができるので利用者も増えています。また、店舗ではギフト配送承りセンターを設置して、2013年は850点ものギフト商品を全国送料無料で対応していました。是非、お中元は松屋で探してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ