佃煮をお中元として贈答すれば重宝されるでしょう

白いご飯によく合う佃煮は、魚や昆布などを砂糖・みりん・醤油などの調味料を加えて甘辛く炊き上げた保存食です。また、老若男女どなたにも愛され続けてきた、日本の代表的なおかずのひとつと言えます。江戸時代から続く昔ながらの製法は、保存期間が長い辛口が主流で、夏の常温でも保存できたようです。

しかし、現代では甘口で薄味が多く、冷蔵庫で保管するのが一般的になってきています。このように、日本の朝ごはんの定番であり、昔ながらの常備食でもある佃煮は、ご当地食材を使うなどして全国各地で特徴的な製品が販売され、購入が可能です。

材料は、魚類・貝類・海藻類などの魚介類の他に牛肉やシイタケなどもありますし、また、イナゴや蜂の子など珍しい味も楽しむ事も出来ます。
各地の珍しい佃煮をお取り寄せしてお中元に贈れば、毎日の食卓に重宝しますので喜ばれることでしょう。

一般的に庶民の食べ物で、お手頃価格と言うイメージが大きいですが、お中元に最適なギフトが多数あります。
例えば、全国の製品を詰め合わせて上品な風呂敷に包んである品ならば、定番の贈り物に高級感が出ます。

それから、お取り寄せしないと食べられない有名な老舗の商品などの贅沢な味を贈答するのもお勧めで、保存がきいて、そのままでもおかずになる佃煮は、お中元などの贈答用として様々なギフトが販売されています。

また、インターネットで様々な情報が分かりますので参考にするのも良いですし、ネット通販では送料無料のサービスもありますので、直接伺えない時などにお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ