栄養素がたっぷりのうなぎをお中元にしてみましょう

うなぎ屋さんから流れてくる香ばしく焼けたたれの香りは、とても食欲がそそられます。
古くは奈良時代の万葉集の中の大伴家持の和歌で、うなぎを食べて健康を維持しましょう、という内容で詠まれており、うなぎは日本人には馴染み深い食べ物です。

江戸時代に蘭学者の平賀源内が、うなぎ屋のために丑の日には「う」のつくものを食べると縁起が良いと貼り紙をしたことから、土用の丑の日に食べる習慣ができたと言われています。

気になる栄養素ですが、タンパク質、眼精疲労に良いビタミンA、ガンやボケ防止によいビタミンB1、骨粗鬆症を予防するカルシウムやビタミンD、鉄分、さらにはコレステロールを抑える不飽和脂肪酸などが含まれています。

これらの栄養素は健康を維持するためには不可欠なもので、コラーゲンも含まれており、肌のハリをよくしたり血管を柔軟にしてガンを予防するとも言われていますので、滋養強壮にはもってこいの食べ物の一つと言えるでしょう。

お中元を扱っている大手通販サイトでは、蒲焼きセットが人気があるようです。
味付けがしてありますので、あたためてそのまま食べてもいいですし、細かく刻んで卵とじにしたり、ワサビを効かせてお茶漬けにしたり、海苔巻きにもできます。

このように、好みでいろいろな食べ方ができるのも人気の理由の一つかも知れません。
そんな栄養たっぷりで多くの方に喜ばれるうなぎをお中元に贈り、暑い夏を乗り切ってもらいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ