お中元にお酒を贈りましょう

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈るお中元は、夏のご挨拶として、目上の人に贈る機会が多いのではないでしょうか。贈る時期は、東日本では7月初めから15日頃まで、西日本では7月中旬から8月15日頃までと地域によって違いがありますが、最近では、7月中旬頃までに贈るのが一般的になっています。

本来なら事前に連絡をして相手宅へ持参するのが礼儀なのですが、最近ではネット注文をして、宅配便を手配するケースも多くなっています。
これなら、遠くの相手にも簡単に贈る事が出来ます。
その際は、届く頃に挨拶状を贈るのも大事な礼儀です。

さて、お中元に何を贈ればいいのか考える時は、相手の好みや家族構成、年齢などを踏まえた上で喜ばれる贈り物をしたいものです。
お中元に関する様々なランキングで毎年上位に君臨しているのがお酒で、これは、お酒を贈るという形式が定番になっていると共に、人気があるという事を意味しています。

上位に名前が出るという事は大変重宝されているという事ですが、お酒が飲めない相手に贈っても喜ばれませんので、その点には注意が必要です。
また、お酒の種類は、ビール・日本酒・焼酎・ワインなど色々ありますので、先方の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

中でも一番選ばれているのが、暑い夏にピッタリなビールです。
ビールとジョッキがセットになったギフトなどもあり、有名な銘柄や高級な銘柄、限定生産など種類も豊富にあります。
贈る相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、心を込めて選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お中元

このページの先頭へ