入学祝いを頂いたらお礼状をだしましょう

入学祝いは、その子供の成長と新たな出発を祝って贈られるもので、そのお気持ちはとてもありがたいものです。
一般的なマナーとして、入学祝いに内祝いは不要とされています。

特に幼稚園や小学校などの場合、ちょっとした文具などを頂くこともあり、正直お返しをあれこれ考えなくても良いというのは大変助かるものです。
とはいっても、せっかく頂いたお気持ちに対して、こちらも礼を尽くして応対したいと思うものでしょう。

内祝いが不要だからといってもらいっぱなしで放置しておくのではなく、少なくともお礼状くらいはお出しするようにしましょう。
もちろん、両親からということでお礼状を発送してもかまいませんが、できれば子供本人が書いて出すというのも良いのではないでしょうか。

気持ちに対して気持ちを返すという習慣を、理解させ身につけるいい機会になります。
子供本人が書く場合には、お祝いに対する御礼の言葉のほか、入学するにあたって楽しみにしていること、挑戦したいと思っていることなどを記入し、その抱負を伝えられるような文章が良いでしょう。

そして、頂いた御礼を大切に使用したい旨を書き添えます。
また、御礼状は封筒でなくとも、はがきでも大丈夫ですから、なるべく丁寧な字で書くことが大切です。

小学校の入学祝いの場合、まだ字が書けないようでしたら一言だけでも真似させて文字を書き添えるようにしたり、イラストなどを描いても相手に感謝の気持ちが伝わります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ