入学祝いののしは、金銀や紅白の蝶結びのものを選ぶようにすると良いです

入学や入園は、人生でも数回しかない大きなイベントです。
その喜びの時に、何かお祝いを贈りたいと考える人は多いことでしょう。
喜びの気持ちを表現することはとても大切なことなのですが、そこにもきちんとしたマナーが存在することを忘れてはなりません。

きちんとマナーを守って入学祝いを贈れば、より一層喜びが深まります。
入学祝いは、入学や入園が決まった後で、入学式や入園式が行われる2週間から3週間前までに贈るのがベストです。

入学の事実を知らなかった場合には多少遅れても仕方がありませんが、できるだけ式が行われる前に贈るほうが良いでしょう。
入学祝いは、入学してから使うことができる文房具や時計、靴などを贈ることが一般的ではありますが、現金を包むという方も多いものです。

相手との関係によって金額は変わるものの、5000円から1万円の間が相場となっています。
そして、現金を贈る場合には、当然ですが、のし袋を利用して包むようにしましょう。
のし袋にもいろいろありますが、金銀や紅白の蝶結びのものを選ぶようにしてください。

その書き方ですが、表書きは、上部には入学御祝や祝御入学、御入学御祝などと書きます。
幼稚園への入園祝いの場合には、祝御入園や御入園御祝と筆ペンや毛筆を用いて書くと良いでしょう。

そして下部には、送り主の氏名を書くようにします。
中袋がついているタイプののし袋を利用する場合には、中袋に金額や住所、氏名を書きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ