入学祝いのメッセージの書き方

入学祝いを贈る際は、メッセージカードを添えると良いでしょう。
贈る相手がどこに入学するかによって、お祝いの文章も異なります。
今回は、それぞれのメッセージの書き方を説明します。
まずは、相手が小学校に入学する場合です。

小学校に入学する前から漢字が読める子供は少ないでしょうから、そのため、文章は全てひらがなで書きます。
そして、できる限り簡単な言葉を使い、また、文章が長くならないように注意しましょう。
小さい子供が相手なので、2、3文書けば十分です。

次に、相手が中学校や高校に入学する場合のポイントです。
今度は漢字を惜しみなく使いましょう。
あまりにも難しい漢字は避けた方が良いですが、むしろ、ひらがなばかりだとこちらの知性が疑われます。

文章は、将来についての期待や応援を込めた内容にすると良いでしょう。
中学校や高校の3年間を有意義に過ごしたいと思わせるような文章が理想です。
最後に、相手が短大や大学、専門学校に入学する場合のポイントです。
ここでももちろん、漢字は使います。

少し難しい漢字を使っても問題ないでしょう。
こちらも将来に関する内容がお勧めです。
また、社会人になるための大事な時期ですので、無駄に過ごさないよう気合を入れておくようなメッセージも良いでしょう。

入学祝いは贈り物も大事ですが、そこに一言添えてあると、受け取った側もだいぶ印象が違います。
これから入学祝いを渡す予定のある方は、参考にして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ