中学校の入学祝いには、自覚を促すためにも、きちんとしたプレゼントを贈りお祝いすることが好まれます

甥や姪、孫などの身内や親族が中学校へと入学することが決まった際には、入学祝いを贈るのが慣習となっています。

最も長い学生期間となる小学校を卒業し、身体的にも精神的にも大人へと歩み始め、社会的な扱いもそれに順じていくことになる期間である中学校への入学に際しては、子供の期間へと区切りを付けるという自覚を促すためにも、きちんとしたプレゼントを贈りお祝いすることが好まれます。

しかし、入学祝いの品を贈る際には、いくつか注意しなくてはならないことがあります。
まず高価すぎる品や、中学生にそぐわないようなブランド品といったものは、贈るとしても料金の面からみて問題がないか両親に相談をする必要があるでしょう。

プレゼントとして贈る品物の料金の相場は5千円程といったところであり、あまり高価すぎる品物はかえって敬遠されることとなります。
また、プレゼントを贈る際には、直接でなく両親を通して贈る方が喜ばれます。

また、入学する学校が公立か私立かによっても品物を代えるほうが無難です。
これは、学校によって使用できる品が異なることと、周りの友人知人が持つ品が変わってくるためです。

実用的で日常的に使えるものを贈った方が当然喜ばれますので、両親を通じて何を欲しがっているのかを聞いておくといったことも必要となります。
中学生くらいの年齢になると好き嫌いがはっきりとしてくるために、本人の気に入るものであり、なかなか買いにくいけれども貰うと嬉しいものといった品を選ぶと喜ばれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ