入学祝いの書き方を知って上手にお祝い伝えよう

お祝い状は、時期を逃さない事が礼儀となっています。
知らせを受けたらすぐ、先方の喜びと感動が冷めないうちに、喜びを分かち合い、祝福します。
そのため、遅くとも入学式の2から3週間前までには贈ります。
身内だけでお祝いするのが普通なので、特に親しい場合以外は友人から贈る必要はありません。

しかし、贈る時期が遅くなった場合には、お詫びを述べて贈るようにします。
入学祝いの手紙の書き方ですが、小学校入学の場合には親宛に贈るのが一般的です。
中学校以降になると、先方の関係にもよりますが、本人へ直接祝い状を贈ると喜ばれます。

小学校の子供へ手紙を書く場合には、ひらがなを中心にした内容にし、中学校、高等学校、大学へ進むにつれて、年齢に応じた内容で、喜びと祝いの言葉を伝えます。
お祝いののしの表書きは、入学御祝、祝御入学、御入学御祝などです。
これは、小学校、中学校、高等学校の入学に使えます。

入学祝いの手紙と共に現金を贈る場合には、5000円から10000円が中心になります。
また品物の場合には、他の人から重なりやすい贈り物は避け、希望する物を贈るのもいいです。
入学祝いを貰った場合のお返しですが、これは収入のない子供への贈り物ですので、本来なら必要ありません。

しかし、どうしてもお返ししたい時は、内祝の表書きで、子供の名前で贈ります。
御礼状には、子供の文字で書かせるか、文字が書けない年齢であれば、電話でお礼を伝える事も大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ