名前入り鉛筆は、親が喜ぶ入学祝いになります。

春になって桜が咲く頃、いたるところで見かける真新しいランドセルを背負った子供の姿は非常に微笑ましく思えます。
親戚や友人の家にそんな子供の姿があれば、何かお祝いをと思うことでしょう。
しかし、いざ何か入学祝いをと探しに出ると、何をあげればいいのかわからない。

なにしろ贈る側が小学生だったのはもう随分前のこと、その頃何を貰って嬉しかったかを思い出すのは恐らく難しいことでしょう。
悩んだ末に文房具を贈るのがよくあるパターンでしょうが、その中に鉛筆は入っていますか。
もし鉛筆をプレゼントにするなら、少し手間はかかりますが子供の名前入り鉛筆にしてあげると、子供本人はもちろんその子のお母さんも喜んでくれるはずです。

何故母親が名前入り鉛筆を喜ぶかといえば、自分のやらなければいけない作業が減るからです。
幼稚園や小学校に入るとき、身の回りのあらゆる物に名前を書いていませんでしたか。
鞄や上履きなどの数が少なく大きいものから、鉛筆やおはじきなど数が多く細々したものまで、全てに名前を書いていたはずです。

特に細々と数が多いものには、ひとつひとつ名前を書くのも一苦労。
世のお母さん達は子供の成長を喜びながらも、キリのない名前書きの作業に疲れてしまうものです。
だからこそ、名前を書く手間の省ける名前入り鉛筆はお母さんにも喜ばれる入学祝いになります。

鉛筆自体それほど値段のはる商品でもなく、名前を入れてもそう高くつくものではありません。
安くて子供もお母さんも喜んでくれるプレゼントとして、お祝い品の候補に入れても損はないはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:入学祝い

このページの先頭へ