母の日に花を配達してもらえるシステム

母の日は、アンナ・ジャービスが母親の死に遭遇してから、亡き母を追悼する気持ちでフィラデルフィアにある教会で白いカーネーションを配布したことがアメリカ全土に広がったのが起源です。
やがて日本でも、アメリカと同じ5月の第2日曜日に行われるようになりました。

そんな母の日には花を贈って、日頃の感謝の気持ちを伝えればきっと喜んでもらえるでしょう。もしも、贈りたい母が近くに住んでいる場合は近所で購入して直接的に渡すのがベストですが、遠い場合には、配達してもらえる「花キューピット」のシステムを利用することをお勧めします。

全国の花屋さん約4,300店が加盟店となっているもので、近所の花屋さんから注文すれば、先方に近いお店が手渡しで配達してくれるので安心です。
まず真っ先に思い浮かぶのが赤いカーネーションですが、最近は種類豊富でタイプも様々なものが選ばれています。

ラインナップは、花束は見栄えが豪華なので特に手渡しの時に最適で、ブーケは小ぶりでも可愛く作れます。そして、アレンジメントはそのまま飾れて、吸水スポンジに水を注ぐだけで良く、手軽に長く楽しめますし、プリザーブドフラワーは少し価格が高めですが、水が不要で手間がかからない上に綺麗なまま長く楽しめるので記念に残ります。

また、鉢物は世話好きの人でしたら育てる楽しさもあり、次々に咲く姿が眺められます。
注文する時は、贈る相手の好みやイメージもふまえて、予算に応じて選びましょう。
母の日のプレゼントに宅配システムを利用して、感謝の気持ちを伝えてはいかがですか

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ