母の日に、鉢植えのギフトであじさいの花に人気があり、ガーデニングが趣味のお母さんたちに喜ばれています。

母の日のギフトと言えばカーネーションが一般的でしたが、最近ではカーネーションに限らず様々な花を選ぶことができるようになりました。
もちろん一番人気はカーネーションですが、華やかなバラやガーベラ、ユリなども好まれ、アレンジメントとして黄色系やピンク系など、色を統一して幾種類かの花でまとめたものもあります。

最近では、生花よりも長持ちするプリザードフラワーも人気です。
これは、生の花に特殊な保存液を吸わせて加工したもので、見た目は生花と変わりませんが、半年から一年間はその美しさを保つことができます。
また、鉢植えの花も切り花と違い、長期間楽しむことができるものです。

手入れをしてやれば翌年また花を楽しむことができるので、ガーデニングが趣味のお母さんたちに喜ばれています。
鉢植えの母の日ギフトで人気があるものの一つに、あじさいの花があります。
あじさいと言うとどれも同じように見えますが、毎年のように新しい品種が登場しています。

見たことがないような変わった花も多いので、毎年品種を替えて贈ると喜ばれるでしょう。
実はあじさいは手入れが簡単で、鉢から地におろしても丈夫に育ってくれるので、庭のある家庭なら毎年違った品種を一つずつ増やしていけば、どんどん庭に広がって梅雨時にはうっとうしさを吹き飛ばしてくれるような素晴らしい花畑になることでしょう。

母の日のギフトは、やはり喜ばれるものを贈りたいものです。
切り花か鉢植えか、どの花が好みなのかをさり気なく聞いてから選ぶのが、一番気の利いたギフトになるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ