母の日にお母さんの日ごろの苦労をねぎらうために、贈り物と一緒に贈るお花を最近はプリザーブドフラワーを選ぶ人が増えています。

5月の第2日曜日が母の日です。
この日は、お母さんの日ごろの苦労をねぎらうために贈り物をして感謝を伝えます。
贈り物はお母さんが喜んでくれるものなら何でも良いものですが、プレゼントと一緒に是非とも贈りたいのがお花です。

お花のプレゼントは昔から行われていることですので、これは欠かせないと思う人も大勢いるでしょう。
そして、単純に花と言っても、最近はプリザーブドフラワーを贈る人が増えています。
プリザーブドフラワーは、「枯れない花」ということで知られています。
なぜ枯れないのかというと、生花を特殊な液で加工してあるため、長期保存が可能となっているからです。

ただし、枯れないとは言っても永久的に保存が可能なわけではありません。
保存状態によっては色褪せしたり、液ダレしたりする可能性もあります。
ただし、保存方法は難しいことはなく、湿気に気をつけたり、直射日光に当てないということを守れば数年間は綺麗なまま保存しておくことが可能です。

お母さんとしても、子供から贈ってもらったお花を枯らすのは悲しいと思うものです。
しかしプリザーブドフラワーなら、そういった心配をさせる必要もありません。
また、日ごろから忙しいお母さんにとっては、あまり手入れの必要がない花というのも嬉しい部分でしょう。
アレンジ方法は多様で、価格もピンからキリまであります。

もし花だけを贈るのなら、ゴージャスなアレンジがなされたものを贈っても良いですし、他のプレゼントに添えたいというのならコンパクトな可愛らしいフラワーギフトもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ