母の日とは、お母さんにこの世の中に生んでくれた感謝の気持ちを込めて御礼をする日です。

日頃何かと身の回りの世話をしてくれるお母さんに、またこの世の中に生んでくれた感謝の気持ちを込めて、何かしらの御礼をする日、それが母の日です。
母の日とは、5月の第2日曜日とされています。

日本での母の日の風習はアメリカから伝わったものだと言われていますが、世界各国で母の日の風習やその起源、そして日にちは異なっています。

ちなみに、日本に伝わったアメリカの母の日の起源は、アメリカの1人の女性が亡き母のことを偲んで、かつて教会で母の大好きだった白いカーネーションを捧げたことからアメリカ全土にそれが広まり、1914年に当時の議会で母の日と制定されたことにあります。

日本での母の日はこれがそのまま伝わったとされていますが、実は日本での母の日は当初別の日だったのでした。
昭和の初め、その当時の皇后陛下の誕生日が3月6日だったことから、この日が母の日とされていたのです。

それがいつのまにかアメリカの母の日に近い、5月の第2日曜日に行われるようになりました。
そして母の日には、アメリカからの由来に基づき、カーネーションを贈る習慣が広まっています。
真っ赤なカーネーションが定番の贈り物です。

この他にも、色とりどりの花束やエプロンなどを贈る人が多いようですが、特にとらわれず、季節の鉢植えや食べ物、また母親が愛用している品を贈ることなどが一般的です。
小さな子どもたちからは、似顔絵などを描いて贈る光景も一般的によくみられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ