カーネーションにかわる新定番。母の日のアジサイ。

五月の第二日曜日といえば、母の日。
普段の感謝の気持ちをプレゼントとともに伝える人も多いことでしょう。
この母の日のプレゼントの代表といえば、やはりカーネーションです。

他にも手ごろな物だと、ケーキなどといった有名店のスイーツ、ちょっとしたバッグ、エプロン、お財布、ティーカップなどもよくプレゼントの候補としてあがる定番品です。
しかし、カーネーションにとらわれず季節の花を贈ろうと考えるなら、アジサイもまた新たな定番となりつつあります。

母の日が近くになると、コンビニや郵便局、通販など色々なところでプレゼントの品が掲載されたカタログを見かけますが、この中に様々な種類のアジサイが載っていることがよくあります。
ダンスパーティー、フェアリーアイ、てまりてまり、レオン、墨田の花火など。

これらは全てアジサイの品種の名前で、実は色・花の形など様々なバリエーションがあるのです。
また花の色は土が酸性・アルカリ性のどちらかによって色がかわるということも有名な話です。
鉢のままで育てることも可能ですが、地面に植えることにより大きく育ち、翌年以降も花をつけやすいという所も魅力の一つ。

季節の花であり、手ごろな価格帯が多く、品種も豊富、そして育てやすく、花は豪華とあれば、人気があるのもうなずけます。
花言葉は「元気な女性」いつも元気に、家族の為にがんばってくれるお母さんにこれ以上ないほどふさわしい花言葉といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ