母の日のギフトに選ばれている花はプリザーブドフラワーです。

母の日の贈り物といえば、定番はやはり花です。
昔はカーネーションが一般的でしたが、今は花の種類にこだわりがなく、さらには色んなアレンジがされているため母の日のギフトとして喜ばれています。
ただ、枯れてしまうと言うのが唯一の難点として挙げられます。

せっかく綺麗に咲いていても、枯れて萎れるのをみるのは残念だと感じる人もいるでしょう。
そこで、そんな方々に選ばれているのがプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーの特徴はなんと言っても、“枯れない”ということです。
本物の生花を特殊な液で加工してあるので長期保存がききます。

そのため、母の日に限らず開店祝い、誕生日祝い、結婚祝い、お見舞い、お葬式など色んなギフトシーンに選ばれています。
見た目に関しては特殊な液で加工してあるため本物とは言えないかもしれませんが、プラスチックや紙で作られたまったくの偽者に比べて新鮮さや瑞々しさは失われていません。

しかし、作り物に違いないので、プリザーブドフラワーは通常の手入れである日光へ当てたり、水をやるという行為は禁止です。
手入れの面倒がないのも一つの特徴でしょうが、さらに、多彩なアレンジが楽しめるのもプリザーブドフラワーの魅力の一つです。

プリザーブドフラワーをお母さんに感謝の気持ちを込めて贈るのだとしたら、手作りをするという方法もあります。
プリザーブドフラワーの材料をそろえて、世界に一つだけの贈り物が作ることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:母の日

このページの先頭へ