結婚記念日は西洋から伝わり、毎年異なった名前が付けられています

結婚記念日は入籍した日なのか、結婚式を行った日なのかよく言われていますが、法律での決まりはなく、夫婦2人で話し合って記念日を決めることができます。
また、最近では結婚に対しての価値観が多様化しており、入籍しない結婚や夫婦別姓など、法律や慣習にこだわらない結婚も多くなっていますので記念日も様々です。

結婚記念日の由来をみてみると、この風習は西洋から伝わったとされており、日本では明治27年に明治天皇の銀婚式が行われたことで少しずつ国民の間に広まりました。
最近では、若い世代の夫婦では1年に1度のお祝いイベントとなっています。

結婚年数によってそれぞれ名前と意味があり、1年目は紙婚式で「白紙の状態から未来の夢を描きましょう」、3年目は革婚式で「革のようにしなやかにお互いを思いやりましょう」、7年目は銅婚式で「銅のようにどっしりとした家族の安定を喜びましょう」、10年目は錫婚式で「錫のように美しく柔らかさを兼ね備えましょう」という意味がそれぞれにあります。

そして、1年~15年目までは毎年お祝いしますが、15年目からは5年毎のお祝いとなっており、25年目は銀婚式、50年目は金婚式、60年目はダイアモンド婚式と続きます。
外国には更に続くところもあり、長寿と一族の繁栄を祝うものとなっています。

結婚記念日は、仕事や子育てなどで忙しい日常を離れ、夫婦の愛情を更に深める1年に1度の良い機会ではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ