6月には祝日はありませんが記念日はたくさんあります

6月は、カレンダーを見ると祝日が制定されてはいませんが、1年間366日それぞれ、何らかの意味合いを持つ日になっています。
主にクローズアップされているのは、第3日曜日に制定されている父の日が有名ですが、他にも、その日それぞれに記念日があります。

日本には一般社団法人日本記念日協会というものが存在し、例えば、ひな祭りや七夕といった伝統的なものとして定着しているものもあれば、各業界や企業がPR活動の一環として制定したものなど、およそ2,400種類以上も記念日があります。

これだけの種類のものを扱う機関がなく情報が間違っていたりするといったトラブルもあり、1991年に文化的、歴史的、産業的な発展と正確な情報収集、情報の提供をする為に発足されました。

例えば、6月1日は総務の日、防災用品点検の日、矯正歯科月間の日、ベビーデイ、電波の日、気象記念日など、生活や体に関する事に関連しているものもあれば、ベビーチーズの日、ムヒの日、梅肉の日にと、こちらはPR的な意味が込められています。

ベビーチーズの日は神戸にある六甲バター株式会社が制定したもので、六甲バターの6と毎日1個は食べてほしいという思いから付けられました。

また、ムヒの日は虫刺されやかゆみ止めの医薬品ムヒを製造販売する会社が、6と1でムヒと読む語呂合わせから制定したものです。
日本記念日協会ではホームページ上でもその日が何の日か検索する事ができるので、6月にはどんな記念日があるか調べてみるのも新たな発見になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ