結婚記念日には二人でディナーを

長い交際を経てゴールインしたカップルもいれば、インスピレーションでビビッときて数か月で入籍、あるいは先にベビーに恵まれて3人でお披露目をするという結婚式も珍しくない時代です。しかし、結婚記念日を妻は期待に胸を膨らませ迎えたのに、夫のほうは仕事に忙殺されて失念したということはありませんか。

結婚記念日はもともと欧米の習慣から始まりましたが、最近は日本でも2人で食事に出掛けたり、プレゼントを交換し合ったりして過ごす夫婦も増えてきました。
せめて、初めて迎える1年目の紙婚式は、日常を離れて恋人時代に戻り、美味しい物を食べながら心ゆくまで語り合いものです。

ちなみに、紙婚の意味は2人の将来の生活設計を白紙に書き出しましょうと言う意味があります。結婚前に2人で行った思い出のレストランがあれば、そこでディナーを食べるのも更に愛情を深め合うことでしょう。又、記念日ごとに素敵なレストランを見つけてディナーを楽しむというのも良いかも知れません。

そんな希望にピッタリ合うレストランいくつかを紹介します。
東京のオフィス街丸ビルの最上階に位置するフレンチのBREEZE OF TOKYOは、煌めく夜景を楽しみながら、前菜からデザートまで全5皿のコースに、食後の飲み物やグラスワインが付きます。

天王洲アイルにあるクリスタルヨットクラブでは、フルコースを堪能した後に白亜の船で東京湾クルーズが待っています。イタリアンが希望の場合は、銀座skyがお勧めです。
夜景にキャンドルの灯りがロマンチックな空間で、和牛や鮮魚の贅沢なフルコースが味わえます。初めての結婚記念日を、美しい夜景と美味しい食事で感動的な日にしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ