創立記念日の意味と意義

創立記念日とは「組織や建物を創立した月日」を祝う特別な日を意味し、人間で言えば誕生日にあたります。一部の学校では開校記念日と言うところもあります。
会社や学校においては年数を経るごとに積み重ねられた歴史の重みを感じ、創立者の理念等に思いを馳せる一日となります。

一般的にはこの日を休日と定め、当日やその前後に講演会など記念行事を合わせて実施するところが多数見られます。特にそれが10年、20年あるいは50年など節目の年ともなれば盛大に創立記念日のパーティを催し、ゆかりのある人々が集って祝宴を挙げる企業や学校が大多数です。

企業であれば創立時の原点に戻り、その歴史を振り返って再確認することで、社員の士気や仕事に対する意欲が高まります。
更に、親睦と連帯感を強める効果もあり、社業の一層の発展が期待できるでしょう。

又、お世話になっている取引先や顧客を招待して、日頃の感謝の気持ちを伝える絶好の機会であると同時に、企業活動や実績についてPRするチャンスでもあります。
学校であれば建学の精神や校訓などを再確認し、社会で活躍する卒業生との交流などで生徒達の向学心も一段と上がります。

学業の成果や活動、将来への構想などを報告することで、来賓や同窓生、保護者などからの信頼と支持を強めることができます。創立記念日については、単なる記念日や休日とするに止まらず、その意味や意義を深く考える一日として捉えることが大切で、記念行事を実施する際には、その趣旨に沿った内容や企画を立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ