設立記念日に会社全体で社会貢献するという企画

設立記念日、または同等の意味で創立記念日というものがあります。
みなさんの会社や集まりでは何か、設立記念日に特別なことをしていますか?
たとえば、社名の入った記念品、キーケースやクオカードなどを配るところがあります。

ある程度まとまった何十周年、などという時には大きなパーティーなどを開いて、会社から働く従業員へ、そして、従業員から会社への感謝の気持ちをみんなで食事をしながら祝うということもあるようです。
また、ゴルフコンペが開かれることもあります。

そんな中、設立記念日には社員で社会貢献をするという企業があり、それはとても素晴らしいアイデアだと言えるでしょう。
会社が存続していくことはとても大変なことです。

たとえ、会社を作っても1年以内に倒産する会社が3割、そして3年以内に倒産する会社が7割と相当過酷な道のりでもあります。
そんな中、会社を続けていけたことは従業員のおかげでもあるし、また、地域の方々や取引先、顧客の存在があってこそです。

会社内だけでの盛大なパーティーもいいですが、そのような会社を取り巻くものを大きな視野で捉えて、地域社会へ貢献すること、環境保全に貢献することなど、そういった内容の活動を行うというのも、とても素敵なことではないでしょうか。
仕事の仲間や地域から喜ばれることで、社員全体の士気も上がります。

もし、ご自分の所属する会社や集まりで、設立記念日に何をしようかという議題が上がったら、ぜひ、地域の清掃活動や福祉施設などへの協力など、意見を挙げてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ