40周年という大きな節目の結婚記念日の祝い方

40周年の結婚記念日の事をルビー婚式といいます。
ルビーの赤い色は、人間の情熱や愛情をあらわしていると言われています。
40年の結婚生活を迎え、ふたりの愛情を確かなものへと育まれてきたのでしょう。

40周年の結婚記念日をお祝いする場合、ご本人たちは60代から70代前後のお歳の方が多く、この場合、やはりお祝い会は子供たちや孫たちも加わって大勢で開催するケースもあります。
食事会を開き、できればプレゼントなどの記念品も渡してあげたいものです。

できる範囲でよいのですが、例えば花束やルビー婚式にちなんだルビーの装飾品、おふたりともお元気であるようなら旅行券なども喜ばれるのではないでしょうか。
記念の品を贈るなら、おふたりで使えるものや身に着けられるものなどにするようにしましょう。

最近では、大型のテレビなどといった家電品をプレゼントとして贈るケースも増えています。
また、食事会の開催場所にも気を配ってあげるべきで、おふたりの食の好みを考慮するのに加え、あまり遠くの飲食店だと出かけるのが困難かもしれません。

お歳によっては、歩いたり座ったりするなどにも支障が出てくることも考えられますので、食事するお店の中でも、座敷席にするのがよいか、テーブル席にする方がよいかの配慮も必要になってきます。

いずれにしても、大勢でお祝いをしてもらえること自体が素晴らしいことで、きっと喜んでくださることでしょう。
開催する側も、より喜んでもらえるように、参加する人たちでアイディアを出し合って企画してあげてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ