韓国の記念日には、開天節、三一節、ブラックデー、キスデー、グリーンデー、制憲節、植木日、ローズデー、ハングルの日、光復節があります

韓国独特の記念日には、五十音順に、開天節、三一節、ブラックデー、キスデー、グリーンデー、制憲節、植木日、ローズデー、ハングルの日、光復節があります。
開天節は、神話を元にして作られた休日で、大韓民国の公休日で10月3日となっており、国慶日と呼ばれる休日のひとつとなっています。

三一節は、日本の統治に反発して1919年に行われた三・一独立運動を記念するもので、3月1日が祝日となります。
ブラックデーは、食品メーカーによって作られ、4月14日に恋人がいない人が黒い服を着て集まりコーヒーを飲む一種のイベントです。

キスデーは6月14日で、人前でキスをする習慣が無い大韓民国で、バレンタインデーなどで恋人ができたカップルが公にキスをしてもいい日とされています。
グリーンデーは、毎年8月14日に行われるカップルでの森林浴のことで、一種の記念日みたいなものです。

恋人が居ない人は、緑のボトルに入った安価なお酒を飲みます。
制憲節は7月17日で、大韓民国の憲法が発布された日のことで国慶日のひとつです。
植木日は4月5日で、木を植える日となっています。
ローズデーは、5月14日に恋人同士が薔薇を贈り合う記念日です。

ハングルの日は、別名ハングル公布の日と呼ばれており、10月9日にハングルが公布されたことを記念しています。
光復節は8月15日で、大韓民国が、ポツダム宣言を受け入れた大日本帝国からの解放と独立を祝った日です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ