結婚記念日の過ごし方と欧米の風習

結婚記念日は毎年やってくるものですが、その過ごし方は家族構成や夫婦によって様々です。
子供がおらず二人だけで過ごしている夫婦は、一日かけて映画や遊園地などでデートをしたり、豪華なディナーを楽しんだりすることが多いようです。

子供が小さいうちは子育てがメインになるため、ともすれば記念日を忘れがちですが、預け先があれば夫婦水入らずでデートをするカップルもいれば、ケーキやいつもよりも豪華な料理で自宅で和気藹々と過ごすカップルもいます。

逆に、子供がある程度大きくなれば自分から両親の記念日を祝うようになり、また違った一日になるでしょう。

年に一度の大切な記念日を特別なものにするため、花束やワイン、アクセサリーなどのプレゼントなどを用意することがあります。
また、毎年記念写真を撮って、時の経過を後に確認するカップルもいます。

日本ではイギリスにちなんで、結婚1年目を紙婚式、2年目を綿婚式、その後15年目までは毎年何らかの名称があり、その後は5年ごとに60年目のダイヤモンド婚まで名称がついており、日常的な、価格の安いものが年を重ねるに従って硬く、高価なものになっていきます。
ちなみに、アメリカでは75年目がダイヤモンド婚になっています。

欧米では、紙婚式では紙製品、綿婚式では綿製品というように、その年の名称と同じ材質の贈り物を夫から妻にプレゼントする風習があります。
日本ではそのような決まりごとはありませんが、相手に感謝して共に生きることを再確認する日である事は世界共通です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ