結婚記念日とは、西洋から伝わった習慣ですが、日本でも定着しています

結婚記念日とは、その名の通り結婚をした記念すべき日のことで、最近では、入籍した日を記念日としたり、披露宴をした日、また、二人が結婚の同意をした日など、記念日とする日は様々あるようです。
いずれにせよ、二人の男女が結婚をして夫婦となった記念すべき日に違いありません。

この結婚記念日を祝うという考えは、西洋から伝わりました。
もちろん家庭ごとのスタイルで祝えば良いものですが、西洋ではそれぞれ記念日としての名称が決まっていますので、参考にしてはいかがでしょうか。

ちなみに、1年目から15年目までは名称が決まっていて、それ以後は5年おきになり、紙や綿、革や花といった日常的な品物から始まり、年を重ねると貴重な宝石類が名称につくようになります。

まず1年目は紙婚式で、アルバムなどの紙製品を贈ります。
2年目の綿婚式ではハンカチなどの綿製品を、3年目の革婚式には革小物などを、4年目は花婚式とも書籍婚式とも呼ばれ、花束や書籍を贈る慣習があります。

そして5年目は木婚式で木製のフォトフレームなどを贈るといった、その記念日の名称にちなんだものが定番のプレゼントとなっているようです。

25年目の銀婚式からは日本でも知られてきており、5年おきに真珠、珊瑚、ルビー、サファイアと続き、そして50年目は金婚式となります。
その後も5年おきにエメラルド、ダイヤモンドと続いて、75年目はプラチナ婚式です。
銀婚式から後は、子どもが両親の為にお祝い会を開くというケースも多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ