電気記念日は、日本で初めて電灯が灯された日です

1878(明治11)年3月25日、電話や電報の利用のための中央電信局が東京に造られたことを記念して、工部大学校(現在の東京大学工学部の前身の一つ)の大ホールにおいて、盛大な開局祝賀会が行われました。

その時、工部卿であった伊藤博文から設置を命ぜられた英国人エアトン教授の合図とともに、講堂の天井の50個のアーク灯に青白い光が一斉に灯されたのでした。
それまで電気の明かりを見たことがなかった多くの人びとは、まるで昼の様な明るさにびっくりしたと言われています。

この日本で初めて電灯が灯された3月25日を記念して、1927(昭和2)年に、日本電気協会が制定したのが電気記念日の始まりです。
翌年の1879年には、エジソンが白熱電球を発明し、アメリカから日本にも輸入されました。

1886(明治19)年には、現在の電力会社の前身ともいえる電灯会社が東京に生まれ、電気と動力へと利用される電気の時代の幕が開けようとしていました。
その少し前になりますが、1882(明治15)年には、銀座2丁目において宣伝用の街灯が点灯され、多くの市民が目にすることになります。

電力会社で構成される電気事業連合会の資料によりますと、2009年の主要国の一人当たりの総電力発電量は、日本はカナダ、アメリカ、韓国についで4位(8722wh)の位置を占めています。

ちなみに一人当たりの世界平均は、3305whです。
世界の総電力発電量でみると、アメリカが約5分の1の19パーセント、ついで中国が18パーセント、日本は5パーセントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ