自衛隊記念日の記念行事に参加してみませんか

日本にはいろいろな記念日があり、11月1日は自衛隊記念日です。
当時の防衛庁と自衛隊の創立に基づいて、1966年に制定されました。

正確に言うと、防衛庁や自衛隊が発足したのは、その根拠法である防衛庁設置法と自衛隊法が施工された1954年7月1日ですが、7月から10月は災害が多い時期でもあるため、災害出動が多く予想されることで、記念行事を行うのには都合が悪いと考えられて11月1日となったのでした。

記念日の前後の時期は、あちらこちらの自衛隊基地や駐屯地で記念行事が行われます。
なかでも一番大きな行事は、自衛隊観閲式です。
これは、内閣総理大臣を観閲官として、陸上自衛隊観閲式、海上自衛隊観艦式、航空自衛隊航空観艦式を、各自衛隊持ち回りでそれぞれ3年に1度行われています。

基本的には招待客と公募で当選した人のみが入場観覧することができるもので、平成24年は海上自衛隊の観艦式が相模湾で行われました。
また、一般市民が参加できる行事もあります。

例えば航空自衛隊では、平成24年は千歳基地、入間基地、浜松基地の3か所で体験飛行が行われました。
千歳基地、入間基地では輸送ヘリコプター、浜松基地では輸送機に実際に乗って飛ぶことができるというものです。

この他にも、11月中旬には日本武道館で音楽まつりが行われています。
これは陸、海、空音楽隊によるドリル演奏や自衛太鼓などの迫力ある演奏が楽しめるイベントです。

これらの記念行事に参加するためには事前申し込みが必要なので、興味のある方は自衛隊ホームページ等で情報を確認してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ