記念日を英語で表現すると、an anniversaryあるいはa memorial dayとなります

大切な記念日を、英語で表現してみましょう。
たとえば、両親の結婚記念日を祝うケーキを飾るプレートに文字を入れたり、恋人に贈るプレゼントにメッセージを添えたり、指輪に日付を入れたりする時などに、日本語よりも英語で表現したほうが見栄えがいいという意見が多くあるようです。

記念日を英語で表現すると、an anniversaryあるいはa memorial dayとなります。
an anniversaryは、祝祭日など、毎年繰り返すような記念日に用います。

結婚記念日の場合もこれに当たり、a wedding anniversaryと表現するのが普通ですが、例えば結婚26周年の場合では、Happy 26th anniversaryと表現するなど、weddingを省いてしまうこともあります。

また、創立何周年といったものも、anniversaryを使って表現することができます。
anniversaryは、より公的なものを表現するのに適していますが、恋人とお付き合いを始めて何周年の記念日といった場合うにも用いることができます。

例えば1周年の記念日であれば、our 1st anniversaryと表現するのがよいでしょう。
ourを付け加えることで、2人でいっしょにお祝いするというニュアンスを表すことができます。

これに対してa memorial dayは、より身近な、より私的な日に対して用いることが多いようです。
例えば、子どもが初めて立った日などの場合です。
大切な人が亡くなった日などの悲しい日の表現にも用いられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ