大切な想い出は記念日画像で残そう

人生の中で、何度記念日を迎えるのでしょうか。
幼い頃の誕生日から始まり、大人になり年老いて行くまで沢山の素晴らしい記念日と共に思い出を紡いでいきます。

幼い頃の自分の思い出はおぼろげで、親が自分の為に写真やビデオで撮影したものを改めてゆっくり見返す事は少ないかもしれません。
人は記念日をお祝いしている時は、ずっと時間は色あせないと感じていますが、5年後10年後と振り返った時に、その大切で幸せな時間がはかないものであったことを知るのです。

大切な記念日が写真や画像で残っている事は、自分の歩んできた歴史を振り返るのにとても重要です。

まだビデオカメラのない時代には写真でしか思い出を残す事が出来ませんでしたが、家庭用ビデオカメラの普及によって、今では気軽に撮影されるようになっています。
幼い頃の動く自分や優しく愛情を注いでくれている家族の様子や言葉に、人は自分の生きてきた証を感じることができます。

記念日は、誕生日なら1年に1度のことですし、進学や就職、結婚と、少しずつ想い出は増えていくことでしょう。
10年後20年後の自分への思い出のプレゼントとして、是非動画を残すことをおすすめします。

ビデオカメラでなくても、今ではスマートフォンや携帯電話でも動画を撮影することができます。
日常の何気ない出来事も簡単に動画として残せる様になりました。
記念日画像に限らず日常を撮る事も、未来の自分とっては素晴らしい思い出です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ