時の記念日の由来と制定された意味

1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって、毎年6月10日が時の記念日となりました。
時間を守り欧米並みの生活に改善し合理化を図ろうと呼びかけられて制定されましたが、国民の祝日にはなっていません。

その由来は、天智天皇10年4月25日(グレゴリオ歴671年6月10日)に、漏刻と呼ばれる水時計が設置され、宮中に時が告げられたとの日本書紀の記述によります。

他に斉明天皇6年5月に、当時の中大兄皇子(後の天智天皇)の命により漏刻が設置されたとの記述もありますが、日付が不明なため、日付が記されている天智天皇10年の方が採用されたのでした。

事実、飛鳥京跡に行くと、その遺構ではないかといわれている水落遺跡があり、その当時の水時計の構造を偲ばせてくれます。

当時の時刻は現代と同じで、夏でも冬でも一定の時を刻む定時法だったといわれています。
したがって、後代の江戸時代のような、日出と日没の間を等分した不定時法とは異なる方式でした。

室町時代から江戸時代にかけて使われていた不定時法は、1日を昼と夜に分け、さらに昼と夜をそれぞれを6等分して、その6等分されたひとつの時間を一刻としていました。

現在の時間感覚でいうと約2時間になりますが、冬と夏の日没の時間を考えるとわかるように時期によって変化するものです。
逆にいえば、生活のリズムに合わせていたのだともいえます。
それらの旧習を変えたいという意味合いもあり、時の記念日が制定されたそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ