建国記念日は日本の国民の祝日の一つです

建国記念日は国民の祝日のひとつです。
国民の祝日に関する法律は第2条として明記されており、その趣旨については「建国をしのび、国を愛する心を養う」と規定しています。

1966年の祝日法改正により国民の祝日に加え、翌1967年2月11日から適用されました。
他の祝日が祝日法に日付を定めているのに対し、この日のみは「政令で定める日」と定められています。

当日は建国記念の日を祝う式典・集会などが開かれ、また、制定されている事に反対する集会も各地で行われます。
「建国祭」などの祭りが執り行われる神社仏閣も各地にあります。
建国記念日の起源として紀元節があります。

紀元節は「日本書紀」が伝える、初代天皇である神武天皇即位の日(紀元前660年2月11日)として、1872年に制定されました。
何を建国と定義するかは国によって異なり、その過程は時に激しくまた時には平和裏に行われます。

日本の場合は、設定に建国神話が用いられています。
また、大日本帝国憲法は1889年の同日に発布されました。
イギリスでは、建国という意味で伝統的に聖ジョージの日が宗教的なナショナルデーですが、法定祝日ではありません。

ドイツでは再統一した日、アメリカでは宗主国から独立した日がそれにあたり、他の国でも革命が成功した日などがほとんどです。
日本のように建国神話を用いている国はあまりありません。
これはおそらく、日本が歴史上他国の支配を受けたことが無いことからだと思われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ