アメリカ独立記念日とはアメリカ合衆国が独立した日のことです

アメリカ独立記念日とはそのままの意味を示していて、アメリカ合衆国が独立した日のことです。
アメリカはイギリスであるグレートブリテン王国から独立したことを宣言する文書を作りました。

それが、1776年7月4日に開かれた大陸会議で採択され、だから今でも7月4日がアメリカ合衆国にとって大切な日なのです。
当時のアメリカはイギリスの植民地でしたが、独立のきっかけとなったのはフレンチ・インディアン戦争という1763年に終結したフランスとの戦争が原因でした。

イギリスはこの戦争で使用した戦費を植民地の人に負担させようと考え、イギリスの本国にある政府は13の地域の植民地に砂糖法を施行しました。
その上に印紙法までも施行しようと考えたので13の地域の植民地の人々とイギリス本国との関係がどんどん悪くなっていく結果となりました。

それに加えて、フレンチ・インディアン戦争でイギリスが勝ったことによりフランスの勢力が北アメリカ大陸までほぼ届かなくなり、イギリスは13の植民地をより安全に統治出来るようになったと考えました。

しかし、13の植民地の人々はイギリス本国からの安全保障を必要としなくなりました。
皮肉なことにそれがアメリカ独立戦争を引き起こすきっかけを作ったとも考えられるます。
戦争という哀しい過去をもったアメリカ独立記念日ですが、今では祝日として恒例の打ち上げ花火など各地での盛大なイベントの行われる日となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:記念日のギフト

このページの先頭へ