敬老の日に胡蝶蘭を贈る

敬老の日は、高齢者に対して社会の先輩として敬意を払い長寿を祝う日ですが、そんな日に何を贈ったら良いのか考えたことがありますか。
ご年配の方ですので好みの問題もありますし、食品なども気を使ってしまうものです。

祖父母への贈り物などは、洋服など身に着ける物が多いかと思いますが、実際その様な商品が大半になります。
そんな中、一番手頃な贈り物と言えば「お花」です。
普通に花束を贈っても良いですし、盆栽なども良いでしょう。

お花を厳選していくと、母の日同様のカーネションやバラなども良いのではないでしょうか。
お花の種類は数え切れないほど豊富にありますが、中でも、胡蝶蘭を贈る方は多くいます。

胡蝶蘭は求めやすい値段の物もありますが、もともと高級な花として知られていますので値段は色々です。
フラワーショップで購入すれば、ほとんどのお店では配送もしてくれる点も、手間いらずで便利だと言えます。

花を購入する際の注意としては、菊の花などは贈らないで下さい。
そもそも菊の花は葬儀でよく見かける花ですので、選ぶのは一般的にタブーとされています。

花は、ご年配に贈っても抵抗無く喜ばれるれるものですが、敬老の日の贈り物に迷ったら、ネットショッピングで売っているお花を贈るのも良いでしょう。
とはいえ、花言葉が「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」ということから、胡蝶蘭がよく選ばれています。
一年に一度の敬老の日ですから、少し奮発して贈ってはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:敬老の日

このページの先頭へ