敬老の日には電報で感謝の気持ちを伝えよう

祖父母へ、日頃の尊敬や感謝の気持ちを伝えて労わる敬老の日は、9月の第3月曜日です。
そして、高齢者の長寿を祝う日でもあります。
皆さんは、この敬老の日に何かお祝いやプレゼントを贈っているでしょうか。

もしかしたら、遠く離れている祖父母へ手紙を送ったり電話をしたりする方もいるかもしれません。
そんな日頃の気持ちを伝えるのに、少し趣向を変えて電報を送ってみてはいかがでしょうか。

電報とは、従来は緊急のメッセージを伝えるのに用いられていましたが、近年では結婚式や入学式など、少しフォーマルなお祝いの気持ちを伝える手段として利用されることが一般的となりました。

メッセージを貼る台紙にも趣向が凝らされ、可愛らしいデザインから華やかなデザインまで豊富になっています。
電報の送り方は、電話でも申し込みができますし、電話会社の窓口で申し込むこともできます。

また、インターネットでは24時間対応していますので、忙しくてなかなか準備ができない方でも、自宅から申し込むことも可能です。
電話で申し込む場合には、文面と台紙の予算を伝え、届けて欲しい場所と日時を伝えます。
インターネットで申し込む場合は、入力の手順がありますので、それに沿って入力していきます。

文面は定型文もありますが、自分のオリジナルの言葉で伝えたほうが、より感謝の気持ちが伝わるかと思います。
敬老の日には、電報で感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
大切な祖父母の喜ぶ顔が楽しみな1日となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:敬老の日

このページの先頭へ