敬老の日に高齢者にとってお祝いの言葉は嬉しいものです

遠く離れて暮らしている場合も、近くもしくは同居している場合でも、敬老の日には、祖父母に何かプレゼントを贈ったり、一緒に食事をしたりしたいものです。
孫がいる場合には、可愛らしい声でお祝いの言葉を伝えると本当に喜ばれます。
活発な子供は問題ないことが多いですが、練習しておくことで、周りも安心です。

小さな子供が、祖父母への気持ちを正直にあらわすと、それだけで、その場の雰囲気もほのぼのとした温かい気持ちに包まれます。
食事をしたり、贈り物を渡す時に、タイミングをはかって適切に言えると尚良いでしょう。

遠く離れて暮らしている場合は、電話もしくは手紙に託すことも良いのではないでしょうか。
その場合は、声の大きさに注意します。
声だけが頼りの電話の場合、声が小さいと、高齢の人には何を言っているのかわからないことがあります。

横についていて、少し声が小さいようなら助言してあげることも必要です。
それでも、贈り物がただ届くよりも、何かお祝いの言葉が添えられていることは、何よりも嬉しいことです。

めったに電話をしていない家庭では、特に、この時にコミュニケーションをとることが大切です。
日頃忙しくて疎遠になっている場合でも、このような日があることで、電話もしやすくなりますので、是非元気な声を届けるようにしてみましょう。

その声で、お互いの様子もある程度把握できますし、元気であれば、それは一番良いことです。
敬老の日を忘れず覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:敬老の日

このページの先頭へ