敬老の日のプレゼントはメッセージを添えて

日頃は気恥ずかしさなどもあり、なかなか言葉にすることができない祖父母に対する感謝の気持ちを、気兼ねなく表現することができる日、それが敬老の日です。
全国共通ですので、イベントの一つとして意識しやすい日でもあります。

敬老の日に祖父母にプレゼントを贈るのであれば、プレゼントを直接手渡す際に感謝の気持ちを述べても良いのはもちろんのことですが、遠隔地から宅配便などを利用する際にも、プレゼントにメッセージカードや手紙などを添えることで、普段はなかなか口にすることができない素直な感謝の気持ちを伝えることができるのです。

メッセージカードや手紙といった、後に形として残るものは、プレゼントそのものと同じくらい、時にはそのものよりも大事にされることもありますので、祖父母に対する素直な気持ちを言葉にのせることが大事なポイントとなります。

特に、ある程度年齢を重ねて給与という形でプレゼントの費用を捻出できるようになるまでの間、親の庇護の元にある子供の期間の内に敬老の日のお祝いを贈りたいと考えるのであれば、贈る「プレゼント」自体よりも、こういった「思い出」としてのメッセージの方が何よりも重要です。

添える文例がまったく思い浮かばないのであれば、雑誌やインターネットのサイト上に掲載されている文例を参考にするのも悪くはありませんが、あくまで参考程度にとどめて、それまでにあった思い出や気持ちを、自分の言葉やイラストといったものにする方が、より喜んでもらえることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:敬老の日

このページの先頭へ