還暦祝いには大切な気持ちを込めて挨拶状を送りましょう

本来、還暦祝いは満年齢で60歳、数え歳で61歳を迎えるお正月に行われていました。
昨今はライフスタイルの多様化により、60歳の誕生日に還暦祝いをする人がほとんどのようです。

還暦とは、干支十干が一巡りして赤ちゃんに再び還るという事から、赤にちなんだ赤いちゃんちゃんこや頭巾、赤い花束をプレゼントとして贈る形が多く見られます。
せっかくのお祝いですので、プレゼントの他にメッセージカードを添えるとより喜ばれるでしょう。

普段では言葉に出来ない言葉でも、礼儀に沿って正しい挨拶状を送る事が出来ます。
父母へ送る際の挨拶状は、あまり気取らず親しみを込めたものがお勧めです。

例えば、
「人生の2週目に入りましたね。
今まで有難う。
いつまでも健康で居て下さい。」
等、感謝と労りの言葉を入れてみると良いでしょう。

また、お孫さんから祖父母へ宛てる場合にも、素直な言葉で綴られた言葉が心に響くと思われます。

例を挙げますと、
「おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔が大好きです。
いつまでも元気でいてね。」
と、くだけたものであっても問題ありません。

そして、会社で還暦祝いを執り行なう場合もあります。
その際にはくだけた表現は避け、形式に則った正しい挨拶を心掛けると良いでしょう。

最初に、「おめでとうございます」と感謝の言葉から始まり、人柄や普段の活躍を織り交ぜ、最後には今後の人生へ向けてのエールを送る形で締め括る流れの文章構成が一般的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ