還暦祝いの贈り物をもらった際のお返しは、基本的に必要はありません。

還暦となると、家族や友人からお祝いをしてもらい、いろいろな贈り物を頂くことがあります。
そこで、お祝いや贈り物をくれた人に対してのお礼はどうすれば良いのかが気になるところです。
答えとしては、還暦祝いの贈り物をもらった際のお返しは、基本的に必要はありません。
家族から贈り物をもらったのなら、感謝とお礼の言葉だけでも十分です。

または、祝いの贈り物を受け取った時に、その場で身につけたり、開封して感謝の気持ちを伝えるのもひとつの方法です。
もし、それでも足りないと思うのであれば食事などに誘って、交流の機会を設けて贈り物についての感想や、祝いの席を振り返ってお話することが良いでしょう。

ただし、これは家族やごく親しい友人などの場合なので、会社関係で頂いたり、近所の方に頂いた場合、目上の方から頂いた場合などに関しては、お返しをするのも良いです。
また、還暦のお祝いをされる本人自らがお祝いの席を開いた場合は、引き出物を用意するのがマナーです。

これらは、例外ですがしっかりと覚えておきましょう。
もしお返しをする場合は、お祝いの席の当日か、頂いてからあまり時間が立たないようになるべく早く贈るようにしましょう。
贈る品物や金額などには特に決まりはないので、自分のアイデア次第でいろいろ工夫したものを渡すこともできます。

どんなものを渡すにしても、礼状やメッセージを添えておくのがベストです。
内容は、お祝いの品へのお礼とともに、自分の近況を報告する形で書くと良いでしょう。
還暦祝いは、基本的に心と心のつながりが大切な伝統行事です。
贈り物をする時は、心を込めて選び、贈るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ