還暦祝いの贈り物には、お祝いとして赤い衣服を贈るのが良いとされています

還暦祝いの贈り物の定番といえば、赤いちゃんちゃんこです。
しかし、最近ではこれを売っているようなお店も少なくなってきたように思えます。
還暦祝いに写真を撮りに行くと、カメラ屋さんからこのちゃんちゃんこと帽子を貸してもらえるようになりました。

貸衣装でも写真に納まることで、気分だけでも味わうことができます。
では、実際の贈り物としてはどのようなものが良いのでしょうか。
まず還暦というのが、起点となった干支に戻ることで、そのお祝いとして赤い衣服を贈るのが良いとされているものです。

赤い服は昔、産まれた赤ちゃんに着させていた衣服のため、産まれた時に戻るという意味があります。
本人が使えそうな赤い衣服といえば、Tシャツやトレーナー、上着などでしょう。

季節にもよりますが、夏であればポロシャツやTシャツ、冬であればウインドブレーカーやジャンパーなどがお勧めです。
赤にもいろんな濃さがあり、身に着けるものの場合は真っ赤な色だと少し抵抗があるので、少し黒みがかった赤が良いかもしれません。

赤い衣服は抵抗があるという人には、名前や詩などが入ったグラスなど、少しおしゃれなインテリアも良いでしょう。
今の還暦の人は、昔よりも若々しくおしゃれになってきました。
ちゃんちゃんこではなく、相手に合わせて少し違ったものを贈ってみるとより喜ばれます。
60年生きてきた人にむけて、今までの感謝の気持ちも込めて、いつもとは違った目線でプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ