還暦祝いの熨斗は、祝還暦、賀祝、祝御長寿、などと書くのが適しています。

還暦とは、満60歳になる年、数え年でいえば61歳の年をいいます。
現在の還暦祝いは、60歳の誕生日を兼ねて行ったり、お正月やゴールデンウィーク、お盆など、家族が集まりやすい時期に行うことも多いようです。
また、定年退職とも重なる事が多い為、退職後に還暦とあわせて祝う事もあります。

プレゼントの定番は赤いちゃんちゃんこと頭巾で、赤は魔除けの色として、昔は赤ん坊の産着にも使われていたそうです。
産まれたときと同じ干支になる還暦には、赤ん坊に戻る、つまり、生まれ変わるという意味を含んでおり、その事から、産着で使われた赤色を着るのです。

最近では、若いイメージが好まれる傾向にあるため、ちゃんちゃんこや頭巾がお年寄りっぽくて喜ばれないことも多くなってきたようです。
折角のプレゼントですから、一般的なイメージに囚われず、ご本人が喜ぶものをプレゼントしたいという方も多いと思いますが、その時に考えるのはプレゼントの贈り方だと思います。

還暦や長寿のお祝いは、何度でも祝いたいものですので、プレゼントに使用するのしは、何度でも結び直しが出来る蝶々結びを選びましょう。
のしの書き方は、祝還暦、賀祝、祝御長寿、などです。

また、のしの下に入れる名前は、受け取り側が贈り主を分かるように書きます。
同じ名字で複数兄弟が居る場合は、名字だけではなくフルネームで、皆で贈るのなら名前だけを連名にしたり、兄弟一同と書きます。
それと一緒にメッセージカードを添えると、相手により喜ばれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ