還暦祝いのイベントを盛大に開く場合は、まず案内状から準備を

還暦祝いのイベントを盛大に開く場合は、案内状から準備を始めなくてはなりません。
イベントに招待する参加者たちによって、還暦祝いのイベントに招待したい旨の案内状の準備の仕方は変わってきます。

家庭で行われることが一般的でしたが、最近では、会社や職場などで大掛かりに執り行われることも増えてきています。
また、送別会など、ほかの趣旨の会と一緒に合わせて、還暦祝いを企画することもあります。

案内状は、封書で送付することも出来ますが、家族間や一部の部署内だけのやり取りであるならば、メールを使った案内でも構いません。
また、家族のみで行う場合でも、親戚に声をかける場合があります。
身内の間柄であるなら、息子や娘が手作りで案内を作成する場合も少なくありません。

この場合は、最後まで工夫してハガキに印刷するというのも手です。
社内であれば、チラシ風に印刷して配ったり、掲示板に貼り付けたりするという手段も使えます。
ただし、社内の場合は、参加者を多く募りたいという考えも垣間見えますので、その場合は、出席の有無を収集するのに幹事役が少しでも確認を取りやすくするため、メールのほうが便利に使える可能性もあります。

掲示板に貼り付けると、同じ位置に出席の返答を求める方法が使えますが、出席の有無が周囲に知られてしまいます。
チラシの場合は、1人ずつ配れるというメリットがありますが、印刷用紙にコストがかかってしまうので、メール利用を考えたほうが低コストで案内が行えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ