還暦祝いとは還暦を迎える60歳を記念して行うお祝いのことです。

還暦祝いとは、還暦を迎える60歳を記念して行うお祝いのことです。
還暦を改めてスタートとし、古希(こき・70歳)、喜寿(きじゅ・77歳)、傘寿(さんじゅ・80歳)、米寿(べいじゅ・88歳)卒寿(そつじゅ・90歳)、白寿(はくじゅ・90歳)などと同様、長寿を祝い、これからも健康でいられるようにとの願いをこめてお祝いを行います。

還暦とは、十干十二支(じゅっかんじゅうにし・十干とは陰陽五行説に基づいた、古代中国の思考です。
甲・乙・丙・丁…などの十干と、子・丑・寅・卯…などの十二支を組み合わせることにより60個の組み合わせが出来ます。

一回りして生まれた時と同じ組み合わせになることから、61年目にお祝いを行います。
ですので還暦は61歳に、そのほかのお祝いは数え年で祝うのが一般的と言われています。
生まれた時に戻る、つまり赤ちゃんに還るという意味であることから、赤いちゃんちゃんこや座布団など、赤い身につけるものを贈ることが多いという説も有ります。

現在では還暦といってもまだまだ元気な方が多く、中にはお年寄りのような扱いを嫌がる人もいらっしゃいますので、本人の意向を尊重したうえでお祝いをするのが良いのではないでしょうか。
お祝いの会は、本人が主催する場合と、子どもや親せきなどが主催する場合の2通りがあります。
本人が主催する会なら、招かれた人は御祝を用意して参加します。

また周囲が主催する会なら、会費などのなかから本人へのお祝いの品を用意します。
本人が喜ぶであろう、趣味の品や、旅行券、還暦にちなんで赤っぽい若々しい衣料品や小物などを準備しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ